© 2016 by へたっぴ英会話教室

Call Us:090-8702-7663  /  福井県福井市問屋町2丁目8番地 村田商店内

May 7, 2017

英語を勉強しようとすると多くの人が、文法の奥深さにはまってしまい、どうして自分は英語を学んでいるのか悩みがちになる人が多いようです。なので、「使える」英語を話したいのであれば、文法にハマりすぎない程度に学習していきましょう。

May 2, 2017

文頭の中で英語では同じ単語を繰り返し使うことがあまりなく、同じ意味であってもどんどん言い換えます。「話す」から思いつくのはtell。類語辞典を引くとinformもmentionもあります。それらなの中から、一番合っているものを探すと語彙が増やせます。それを英英辞典で調べてみると本当の英語のニュアンスが見えてきます。

April 20, 2017

英語はの文脈をリスニングすると本文通りに発音されていないことに、結構壁にぶつかることがありますね。しかし、そこには発音が変わる根拠があります。

example

【was】【always】のように-----s 単語の語尾に「s」がある場合

always thought 【スタント】と聞こえる

【thought it was】ソウ イッス   thoughtの語尾の「t」の発音が消え i-----s といった部分でしか聞き取れない 日本人でいう「〜というか」「〜っつーか」と似ているそうです。

【in here】イネア「n」と「e」

このよ...

April 12, 2017

発音をきっちり身につければ、見違えるほどよく通じるようになります。特に「B」と「V」、「L」と「R」、「S」と「TH」、「F」と「W」の発音に気をつけましょう。

April 6, 2017

ネイティブは生まれつき英語を話しているので、片言の単語を並べただけでも十分意味が通じます。日本語ではなすときにも、主語は何かを考え、ぶんを短く完結するようにこころがけることが大事です。

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload